売り手が喜ぶ買い物

我が家の食品は、極力無添加や有機野菜などを買うように努めています。

家族の健康を管理する為に買っているのも理由の一つだが、それ以上の意味がある。それは、生産者を応援する意味で買っている。

よくオーガニックスーパーで売っていたりするこれらのものを調味料含めてまとめて「オーガニック」と(我が家の間では)呼んでいるのだが、値段は倍以上するものもあって思わずひるんでしまうのだが、そこには作り手の苦労だったり、原材料が高かったりとその背景を考えずにはいられないのでした。

野菜ひとつとっても完全な自然療法(無農薬など)での栽培は難しいらしく安定的に供給し、尚且つ味も補償できるものにする事はほとんどできないらしいのです。そして不作だった場合の補償もなかったりと、もう涙なしには語れないぐらいのご苦労があるらしいのです。

有機野菜たち。

そんな背景を考えながら、買うことで応援になれば良いなという思いで可能なかぎり「オーガニック」なモノたちを買っているのです。

私がいつもお金を支払う時に思う事。せっかくお金を払うなら相手に喜んでもらいたい。誠実に頑張っている方にお渡ししたい。そんな想いが私の根本にあるからだと思います。私のお店も誠実にやっていきたいと、この初心を忘れまいと書き記したのでした。